建具・組子の木下建具 --福岡県大川--

木下建具


人は、それを伝統と呼ぶ。
変えてはならないものがある。
時代の変遷にも、決して揺らぐことのないもの。
それは、長いときを経て、
先人たちのたゆまぬ努力の果てに
見出されるもの。
私たちは、それを尊敬の意を込めて
「伝統」と呼ぶ。
磨き込まれた伝統の技は、
選び抜かれた素材のなかで、
一層とその威光を放つ。
もはや、それは美の領域をも超えて
崇高なる世界にまで向かっているかのように。



 和風建築の良さは自然の素材を活かしその風土に適した家を建てることにあると思います。
 その中で建具は自然素材である木材をふんだんに使い適材適所に知恵と工夫を駆使して和と洋の住空間の融合を計ります。

 私達は、何百年も前から脈々と受け継がれてきた木材加工技術を現代に伝え今もなお新たな試みを加えながら建具本来の在り方をご提案し続けています。

 木に触れ木の温かみを感じながら心地よく暮らすそんな住まい方をしていただきたい、それが私共の願いです。さらには、全国8000軒あまりの建具業者が組織を組み全国どこの住まいでも対応できるよう日々研鑚努力しております。

有限会社 木下建具   
木下久雄





地域資源活用事業計画 認定について
有限会社木下建具
クリックで拡大

当社では 大川市の地域資源である大川木工製品の特長を生かして木製建具の製造販売を行ってきました。また 木製建具の技術の特性を生かし、一般住宅用木製建具のみならず 寺社等の特殊建具等の製造施工も行ってきました。

本事業では これまでの取組みを踏まえて、今後、寄木細工等の建具技術応用による、インテリア仏壇等の企画制作販売事業を手掛けて行きたいと考えています。

これにより、伝統として受け継がれてきた建具技術を応用した、 木製建具にこだわらない商品開発をする企業へのステップアップを目指し、また、建具業界の技術PRをしていきたいと考えています。






有限会社木下建具